体重1キロの脂肪を落とすために必要な消費カロリーは?1週間で5キロ痩せるための運動量目安!

体のラインが気になってくる薄着の季節。

冬の間に蓄えた贅肉が、気が付けばお腹や太もも、さらには顔にまでたっぷり付いてパンパンになってしまっていませんか?

 

運動や食事療法で、計画的にダイエットに励むのが理想的ではありますが、どうしても「すぐに痩せたい」というシチュエーションがあるのも事実です。

 

「来週デートの予定があるのに…!」

「1週間後に着るドレスが入らない…!」

 

など、どうしても短期間で体重を落としたい時はどうしたらいいのでしょうか!

そこで、今回は1週間で5キロ痩せるための運動をご紹介します!

 

あわせて、1キロの脂肪を落とすために必要な消費カロリーも一緒にまとめました。

必要な消費カロリーと運動量目安を知れば、短期間で脂肪を落とすのも夢ではありませんよ!

1キロの脂肪を落とすために必要な消費カロリーは?

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

5キロ痩せる方法を早く知りたい!という方も多いとは思いますが、はやる気持ちを少し落ち着かせて、まずは、1キロの脂肪を落とすために必要な消費カロリーをみていきましょう。

1キロの脂肪ってどのくらい?

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

1㎏の脂肪の大きさがどのくらいか、想像できますか?

身近なもので表すと、500mlのペットボトルが2本、それから乳酸菌飲料3.5本分の体積になるんです。

 

体重計に表示される数字だけだと実感しづらい1㎏の脂肪も、こうやって想像してみると結構な量ですよね。

これだけのものが余分に付いていると考えたら、「なんとしても減らさなくては!」という気持ちになりますね!

1キロを減らすのに必要な消費カロリーは?

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

さて、この1キロの脂肪を消費するのに必要なカロリーは、ズバリ「約7200kcal」ほどだと言われています。

成人の一般的な一日の摂取カロリーは「男性が約2300~2500kcal」、「女性が 約1800~2000kcal」です。

 

カロリーは摂るよりも消費する方が大変ですので、そう考えると、7200kcalを新たに消費する大変さは想像に難くありません。

 

例えば、7200kcalを消費するのに必要とされる運動時間は、体重52キロの方の場合、「ウォーキング約52.7時間」、「サイクリング約44.0時間」、「エアロビクス約24時間」です。

 

ちなみに、もし一か月で1㎏減が目標なら、1日あたり7200kcal÷30日=240kcal、摂取を控えるか、もしくは運動で消費すれば痩せられます。

 

ちなみに240kcalの食べ物は、「普通盛りのご飯1膳(140g)」、「どらやき1個」くらいです。

運動なら「ウォーキング約50分」、「ジョギング約27分」に相当します。

 

これならできる方も多いと思います。

1週間で5キロ痩せるための運動!

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

ただ、今回の目標はさらに短期間。

そう、目標は1週間で5キロの減量です!

食べるのをガマンするだけや、気休めの運動だけでは到底目標にたどり着けそうにありません。

一週間でマイナス5キロのために必要な消費カロリー

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

5キロ減量するのに必要な消費カロリーは、7,200kcal×5=「約36,000kcal」です。

これを1週間(7日間)で減らすので28,800kcal÷7=約5,142kcalで、1日あたり「約5,142kcal」以上を消費すれば目標達成できる計算です。

 

やはり、なかなか大変です。

たしかに、毎日5,100kcal以上を消費するのは一見無謀のようもに思えます。

 

ですが、運動に加え、食事制限などでカロリーの摂取を抑えることで、身体自らエネルギーを生み出すために体脂肪の分解・燃焼を促進させることが見込めるんです。

 

さらに、筋トレで筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がるので、何もしない時に比べて、寝ている間も消費カロリーが増えます。

 

少し希望が見えてきたのではないでしょうか?

食事制限を徹底しつつ、ハードな運動をこなし確実に体重を減らしましょう!

1週間で5キロ痩せる!おすすめトレーニング!

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

ジョギングやサイクリング、外でのスポーツなど、屋外での運動は楽しい反面、天候の影響を受けやすく思うようにできないこともあります。

 

1週間という短い期間では少しの時間も無駄にすることはできないので、トレーニングは屋内で行うことをおすすめします。

 

そこで、家でできる1週間で5キロ痩せるおすすめのトレーニングをご紹介します。

やってみるとなかなかハードですが、SNSなどでも話題になったトレーニングです。

 

ぜひ、1週間チャレンジしてみてくださいね。

まずはこちらの参考動画を見てみてください!

 

【参考動画はこちら!】

★ステップ1(30回)

  1. 仰向けに寝て、上体・両足を床から浮かせる。
  2. その状態から、リズミカルに片足ずつ胸に引き寄せる。

★ステップ2(25回)

  1. あおむけの状態から上体と両足を勢いよく上に持ち上げる。
    (両腕・両足をピンとまっすぐ伸ばして、手と足をくっつけるイメージで。)
  2. 元に戻す。

★ステップ3(20回)

  1. 仰向けで、上体・両足を浮かせた状態からスタート。
  2. 両腕を前に伸ばし、片足を床に付くギリギリまで降ろす。
  3. 降ろした足を元の位置に戻し、反対の足も同様に行う。

★ステップ4(25回)

  1. 仰向けに寝て、頭・両足を少しだけ浮かせる。
  2. 頭の後ろに手を組み、小刻みにバタ足をする。
  3. 一呼吸おいて繰り返す

★ステップ5(15回)

  1. 四つんばいの状態から、足のつま先と腕でバランスを取る。
  2. そのまま、リズミカルに足を交互に振り上げる。

★ステップ6(15回)

  1. 体育座りから手を付かないように足を浮かせる。
  2. 両腕をまっすぐ伸ばし、引き寄せる。

以上、6つのステップを毎日こなしていきましょう!

トレーニング中は呼吸を止めずに行いましょう。

体重1キロの脂肪を落とすために必要な消費カロリーは?1週間で5キロ痩せるための運動!まとめ

体重1キロ 脂肪 落とす 必要 消費カロリー 1週間 5キロ 痩せる 運動量 目安

ではここで、もう一度、体重1キロの脂肪を落とすために必要な消費カロリーと、1週間で5キロ痩せるための運動をおさらいしていきましょう。

消費カロリーとおすすめの運動!
  1. 1キロの脂肪を消費するのに必要なカロリーは「約7200kcal」
  2. 1週間で5キロ痩せるために必要な消費カロリーは1日あたり「約5,142kcal」
  3. 毎日の運動に加えて食事制限を徹底する
  4. おすすめトレーニングにチャレンジ!

食事制限については、必要な栄養を摂取しながら摂取カロリーを抑えられる「ファスティング」などを行なうのも良いかと思います。

 

闇雲になにも食べない食事制限はかえって身体に悪影響です。仮に一時的に体重が減っても、そのあとに必ずリバウンドが待っています。

 

ダイエット中も充分な栄養補給をするよう心がけましょう。

1週間で5キロ痩せることができれば、容姿の変化はもちろん、気持ちの上でも自信が付くはずです。

 

自分の体調と相談しながら、ぜひチャレンジしてみてください。

くびれがどうしてもできないあなたにオススメの方法

食事制限に運動に、くびれを作るために頑張ったけど、なかなかウエストが細くならなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか…。

私も無理な食事制限や無理な運動をして体重は落ちてもウエストが太いままでくびれが出来なくて…ストレスで何度もリバウンドしていました。

ウエストが太いとワンピースを着ても寸胴に見えてしまいますし、水着を着るのなんて恥ずかしくて苦痛でした。

私と同じように、ウエストが太くてコンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか…?

そんな私ですが、今は〇〇〇を使ってスラッと細いくびれを手に入れることが出来ました!

くびれができるだけで好きなファッションを楽しめるようになれましたし、「スタイル良いね!」って言われるようになって、本当に嬉しい毎日を手に入れることが出来ました♪

最後までご覧いただきありがとうございます!

さーみん
今回は記事最後までご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは、今後もダイエットに関して役に立つ情報や新しいダイエット方法などを配信していきます♪


LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできますので、よろしければお友達登録よろしくお願いします!


また、今回の記事で分かりにくかったことや、ダイエットに関してお困りのことがございましたら、LINE@にてお気軽にご相談くださいね。


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください