腸内フローラはダイエットでも重要?食べ物での菌は増やし方!

腸内細菌と上手く付き合うことや腸内フローラを整えると様々なメリットがあることが分かりました!

そこで今回は、腸内フローラダイエットの方法を解説していきます!

 

また、腸内フローラを改善する食品やヤセ菌を増やす食材とはどんなものなのか?についても解説していきます!

腸内フローラはダイエットでも重要?

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

腸内フローラダイエットというものを、消化器内科医の大竹医師が考えたダイエット方法なのですが、それは一体どういったものなのでしょうか。

 

ルールが3つあるようなので、1つずつ見ていきましょう。

1つ目は、朝ご飯にヨーグルトを食べることです。

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

腸が最も活動的になる時間帯が朝なので、腸内環境を整えるためにヨーグルトを朝に食べます。

ヨーグルトの種類は、美容や健康効果が高く、整腸作用に優れているカスピ海ヨーグルトが良いようです。

 

ちなみに、朝食を抜くと便秘のリスクが高まり、腸内環境が悪化するので、しっかり朝食を摂りましょう。

2つ目は、お肉を制限することです。

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

お肉は、食べ過ぎると腸内環境が悪化するので、食べないのでは無く制限をするのです。

なお、制限しすぎてしまうと便秘がひどくなる場合があるので、注意が必要です。

 

目安としては、1週間に赤身肉で500グラムに抑えるようです。

3つ目は、腸トレ体操をすることです。

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

腸トレ体操は、椅子に座り背筋を伸ばし、お尻で歩くように前に4歩進み、後ろに4歩下がるを2往復するようです。

 

テレビを見ている時など、普段の何気ないタイミングで簡単に出来るので、苦になりませんので、朝昼夜と1日3回やってみましょう。

腸内フローラの食べ物での菌は増やし方!

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

腸内細菌と上手く付き合うことで、美容面だけで無く健康面でも人間の体にたくさんのメリットを与えてくれます。

 

ちなみに、腸内細菌にはいくつかの種類に分けることができ、悪い働きをする「悪玉菌」、良い働きをする「善玉菌」、都度働きが変わる「日和見菌」で、これらの菌の生態系である「腸内フローラ」を整えることでダイエット、美肌、お通じの改善といった効果が期待できるのです。

 

なお、腸は第2の脳と言われるように、人間の体の中でとても重要な場所であり、脳と神経伝達物質を通じて繋がっていることもあり、ストレスを感じると腸の動きも悪くなってしまうのです。

 

また、腸内環境を整えることは健康維持に有効で、善玉菌を悪玉菌より優勢にすることが必要ですが、腸内フローラが改善する食品とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

腸内フローラを改善する食品の代表的な6種類をご紹介します。

 

腸内フローラを改善する食品の代表的な6種類!
  • ヨーグルトや漬物などに含まれる「乳酸菌」
  • ビールやパンなどに含まれる「酵母菌」
  • 味噌や醤油などに含まれる「麹菌」
  • 酢などに含まれる「酢酸菌」
  • ぬか漬けなどに含まれる「酪酸菌」
  • 納豆に含まれる「納豆菌」

 

の6種類です。

 

にゃー子

日本人が普段何気なく口にしている物が多く、日々の食事に取り入れやすい物ばかりです。

 

腸内フローラのヤセ菌が増える食材とは?

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

人間の腸内にいる細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類ですが、これらには理想的な割合があり、2:1:7のようです。

 

ちなみに、「善玉菌」は肥満を防ぎ、「悪玉菌」は肥満を促し、「日和見菌」はヤセ菌とデブ菌で構成されます。

 

したがって、「善玉菌」が増えると「ヤセ菌」が増えることになり、「悪玉菌」が増えると「デブ菌」が増えることになるのですが、「善玉菌」や「ヤセ菌」を増やす食材とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

「善玉菌」や「ヤセ菌」を増やす食材の代表的な3種類をご紹介します。

 

「善玉菌」や「ヤセ菌」を増やす食材の代表的な3種類!
  • 食物繊維・・・大豆などの豆類や野菜、海草や乾物、きのこなど
  • 発酵食品・・・ヨーグルトや味噌、白ワインや酢など
  • オリゴ糖、糖アルコール・・・りんごや昆布、ハチミツやニンニクなど

 

を含む食材です。

この3種類の食材を組み合わせることが理想ですが、組み合わせず単独でも問題ないようです。

 

では、「ヤセ菌」があっても痩せないのはなぜでしょうか。

 

それは、積極的に「ヤセ菌」を増やす食材を摂取しないと、「デブ菌」優勢の体になることで、ヤセ習慣から遠のいていくからです。

 

それを防ぐためには、毎日「ヤセ菌」を増やす食材を摂取すれば良さそうですが、継続することは厳しいので、おすすめなのが常備菜です。

 

ねこ助

常備菜を纏めて作っておき、冷蔵庫に入れているだけで毎日簡単に「ヤセ菌」を増やす食材を摂取出来ます。

腸内フローラを簡単に調整したいならこの方法!

腸内フローラを食事によって改善する方法を紹介しきましたが、実はサプリメントでも簡単に腸内フローラを整えることができます。

 

実は、食べ物で腸内フローラを整えようとしても、菌が熱に弱くてなかなか腸内までたどり着いてくれないので、効率がわるかったりします!

 

そこでオススメなのが、腸内までしっかり短鎖脂肪酸を届けて、腸内フローラをすぐに整えてくれるサプリメントのビセラ(BISERA)です!

ビセラ(BISERA)は腸内環境を整えてくれると同時に1兆個を超えるダイエット菌が含まれているので、ダイエットも一緒にサポートしてくれます♪

 

サプリ1つで腸活もできてダイエットも出来るので、かなりオススメですよ!

まずは詳しく解説した記事がありますので、そちらを参考にしてみてくださいね♪

ビセラ(BISERA)は痩せない?口コミは嘘なのか徹底検証!

腸内フローラはダイエットでも重要?食べ物での菌は増やし方!まとめ

腸内フローラ ダイエット 重要 食べ物 菌 増やし方

いかがでしたでしょうか?

腸内フローラはダイエットでも重要?食べ物での菌は増やし方!についてまとめてみました。

 

ここがポイント!
  • 腸内フローラダイエットは効果的!
  • 腸内フローラ改善食品の1つが乳酸菌!
  • 善玉菌が増えるとヤセ菌も増える!

 

痩せたいと思っていても、誘惑に負けてしまうなんてことが日常茶飯事の方に朗報です。

時短で簡単にでき、効果のある腸内フローラダイエットがおすすめです。

 

朝ヨーグルトを食べて、お肉の食事量制限をして、腸トレ体操の腸内フローラダイエットを日頃のスキマ時間ですることで、効果的に痩せられるようです。

 

また、乳酸菌などの腸内フローラを改善する食事をすることで、ダイエットや便秘解消などのメリットがあり、乳酸菌だけで無く、酵母菌や麹菌などが腸内フローラを改善する食品と言われています。

 

それ以外に、「ヤセ菌」を増やすことで肥満を防ぐことにつながりますが、「ヤセ菌」を増やすために欠かせない食材が食物繊維を多く含んだ食材や発酵食品のようです。

 

このように、健康を気にしながら食事にも気にしていくことは必要ですが、自分の体に大きな負担を掛けたり、無理をしたりすることが無く、必要なのは腸内フローラを改善する食事を知っていたり、ヤセ菌を増やすために欠かせない食材を知っていたりすることなので、誰でも簡単に出来ちゃいます。

 

サプリメントで楽々腸内環境を整えることが出来るビセラはこちらから♪

ビセラ(BISERA)公式サイト

最後までご覧いただきありがとうございます!

さーみん
今回は記事最後までご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは、今後もダイエットに関して役に立つ情報や新しいダイエット方法などを配信していきます♪


LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできますので、よろしければお友達登録よろしくお願いします!


また、今回の記事で分かりにくかったことや、ダイエットに関してお困りのことがございましたら、LINE@にてお気軽にご相談くださいね。


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください