腹筋を鍛えるオススメ器具は?一覧で紹介!

女性
ウエストが太くて好きな洋服が着れないし、恥ずかしい…スラッと細いくびれを作りたい…

ウエストは体重を頑張って減らしたとしても、なかなか細くならなくてくびれって意外とできないですよね。

ウエストが太くてコンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか…!

実は私も同じようにウエストが太いことが悩みで好きな洋服も着れず、水着を着るのも恥ずかしくて引きこもっていました。

そんな私ですが、今は〇〇〇を使ってスラッと細いくびれを手に入れて好きなファッションを楽しめるようになりました!!

ぷよぷよのお腹を引き締めたいとは思っていても、忙しくてジムに通う時間がないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方に今人気なのが、自宅で簡単に腹筋を鍛えられる器具です。

 

続けるのがつらい腹筋運動も、器具を使えば簡単に楽しく腹筋を鍛えることができます。

 

腹筋運動を補助してくれる腹筋マシンや、着けているだけで腹筋に刺激を与えてくれるお手軽なタイプまで、その種類は様々です。

そこで今回は、腹筋を鍛えるオススメ器具を一覧でご紹介します。

どれを選べばいいの?腹筋器具の選び方

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介

腹筋器具と一口に言っても、腹筋マシンに、EMSや腹筋ベルトなど、種類は様々です。

まずは、選び方のポイントをチェックしていきましょう。

選び方①ライフスタイル

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介

普段の生活や環境、また理想像に合わせて器具を選ぶことが大切です。

 

腹筋運動の時間や場所を確保できる方、しっかり確実に腹筋を鍛えていきたい方は、腹筋補助のマシンを使うのがオススメです。

 

逆に、忙しすぎて運動の時間なんて取れないという方や、マシンを置く場所がないという方は、EMSタイプを選べば、仕事や家事をこなしながら腹筋を鍛えられます。

選び方②予算

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介

腹筋器具は今や多種多様にあり、価格帯も様々です。

腹筋をしっかりと割るには一般的に最短でも3か月以上必要と言われています。

 

予算を考える際には、「長期にわたり継続できてコストパフォーマンスがよいか?」をポイントに考えると良いでしょう。

腹筋を鍛えるオススメ器具は?一覧で紹介!

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介

選び方のポイントがわかったところで、さっそくオススメ器具をご紹介します。

ご自分に合った器具選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

オススメ器具① ストレッチ腹筋ローラー

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介
ストレッチ腹筋ローラーおすすめポイント!
  1. 低価格!
  2. 省スペース!
  3. 腹筋をダイレクトに刺激できる!

 

腹筋ローラーは腹筋を鍛える器具の代表ともいえるメジャーな器具の一つです。

 

ローラーを転がすだけなのですが、実際やってみるとバランスが不安定になるため、しっかりと腹筋に刺激が与えられているのがわかります。

 

お手軽な価格と一畳ほどのスペースがあればできるのが魅力です。

こちらの腹筋ローラーは、音が静かで床を傷つけないのでオススメです。

 

私はアシストつきのこのローラーが一番使いやすかったです♪

 

 

【↓参考動画はこちら!】

初心者や女性の方向けの鍛え方です。

腰への負担やケガ防止のため、膝をついて行いましょう。

 

鍛え方!
  1. 膝をついた状態からスタートします。
  2. ゆっくり腹筋ローラーを転がします。壁をストッパーにするとより安全です。
  3. 押すときに息を吐き、戻す時に息を吸います。呼吸を止めないように意識しましょう。

 

1セット10回×3セットを目標に行いましょう。

オススメ器具② バランスボール

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介
バランスボールのおすすめポイント!
  1. 腰への負担が少ない!
  2. 腹筋以外のトレーニングもできる!
  3. 低価格!

 

バランスボールを使用した腹筋トレーニングは腰への負担が軽減できるので、腰痛持ちの方にもおすすめです。

また、低価格で購入できるのも魅力です。

 

【↓参考動画はこちら!】

バランスボールを使用した腹筋トレーニングです。

 

ここがポイント!
  1. バランスボールの上に背中を乗せ、ひざを曲げた状態で仰向けになります。
  2. 肩幅よりもやや広めに両足を開き、足の裏をしっかり床につけます。
  3. 頭と肩が腰よりも高い位置に来るように上体を起こします。
  4. ゆっくりと元の位置まで戻します。

 

呼吸を止めないように注意しましょう。

また、腹筋がしっかりと収縮しているかを意識して行うとより効果的です。

 

他にもバランスボールを使用した腹筋トレーニングはたくさんあるので、慣れてきたらいろいろとチャレンジしてみると楽しくトレーニングを続けることができます。

 

私はこのストレッチボールが一番使いやすかったですね!

 

②腹筋ワンダーコアスマート

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介
腹筋ワンダーコアスマートのおすすめポイント!
  1. 初心者でも簡単!
  2. 省スペース!
  3. ながら運動もできる!

 

腹筋ワンダーコアスマートは、倒れるだけで腹筋が鍛えられる腹筋マシン「ワンダーコア」のコンパクトバージョンです。

 

倒れる時の反動で起き上がることで、腹筋を鍛えることができる優れものです。

クッション1枚分のサイズで場所を取らず、収納も便利のため、ひとり暮らしの方にもオススメです。

 

鍛え方!
  • 鍛え方はとてもシンプルで簡単です。
  • 体を倒して反動で起きるだけです。

 

まずは1日30回を目標に行い、慣れてきたら回数を増やしましょう。

反動で起き上がることができるので簡単に回数をこなすことが可能です。

 

しかし、続けているとしっかりと腹筋に刺激を感じます。

お手軽なので習慣化しやすく効果が期待できます。

 

お求めはこちらから♪

 

③MTG SIXPAD(シックスパッド)

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介
シックスパッドのおすすめポイント!
  1. 着けるだけで簡単!
  2. 鍛えたい部位に直接アプローチできる!
  3. 本格派のEMS器具!

 

運動をする時間が取れない、マシンを置く場所がない方にオススメなのが、着けるだけで鍛えたい部位に直接刺激を与えられるEMS器具です。

 

MTG SIXPADはその中でも大人気の商品です。

こちらは部位別に強度調整できるため、鍛えたい部分にしっかりと刺激を与えられます。

 

本格的に肉体改造をしたい方にオススメです。

鍛え方!
  • 鍛えたい部位にSIXPADをあてるだけです。
  • レベルは20段階から選べます。

 

くれぐれもEMS器具の使用時は心臓まわりを避け、安全に使用するよう注意しましょう。

 

高いので迷うところですね(>_<)

 

腹筋を鍛えるオススメ器具は?のまとめ

腹筋 鍛える オススメ 器具 一覧 紹介

いかがでしたか。

腹筋を鍛えるオススメ器具を紹介しました。

 

自宅でも簡単に腹筋トレーニングができる器具はたくさんありますが、正しいフォームや正しい使用方法でトレーニングすることではじめて効果が発揮されます。

 

トレーニングは回数を多くこなすことよりも効果的な方法で行えているかを常に意識しましょう。

腹筋を鍛えるオススメ器具で効果的に活用して理想の腹筋を手に入れましょう。

くびれがどうしてもできないあなたにオススメの方法

食事制限に運動に、くびれを作るために頑張ったけど、なかなかウエストが細くならなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか…。

私も無理な食事制限や無理な運動をして体重は落ちてもウエストが太いままでくびれが出来なくて…ストレスで何度もリバウンドしていました。

ウエストが太いとワンピースを着ても寸胴に見えてしまいますし、水着を着るのなんて恥ずかしくて苦痛でした。

私と同じように、ウエストが太くてコンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか…?

そんな私ですが、今は〇〇〇を使ってスラッと細いくびれを手に入れることが出来ました!

くびれができるだけで好きなファッションを楽しめるようになれましたし、「スタイル良いね!」って言われるようになって、本当に嬉しい毎日を手に入れることが出来ました♪

最後までご覧いただきありがとうございます!

さーみん
今回は記事最後までご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは、今後もダイエットに関して役に立つ情報や新しいダイエット方法などを配信していきます♪


LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできますので、よろしければお友達登録よろしくお願いします!


また、今回の記事で分かりにくかったことや、ダイエットに関してお困りのことがございましたら、LINE@にてお気軽にご相談くださいね。


友だち追加

↓本当に効果のある加圧インナーを紹介中♪↓

\ランキングを見るには画像をクリック/

*私が使ってみて実際に効果があった商品ランキング*

 ★最安値の購入方法も紹介中
/お得に楽痩せ!
>>加圧インナーランキング2019年度版<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください