短鎖脂肪酸の役割とは?増やすにはサプリが一番?

最近よく耳にする機会が増えた短鎖脂肪酸

この短鎖脂肪酸とは、一体どのような役割をするものなのでしょうか?

 

また、どのように摂取することが出来るのでしょうか?

健康志向の現代人にとって重要な役目を果たすであろう短鎖脂肪酸。

 

そこで今回は、【短鎖脂肪酸の役割とはいったいどんなものなのか?】ということを紹介していき、増やすには自力で摂取が良いのか、サプリが一番良いなのか?についても解説していきます!

短鎖脂肪酸の役割とは?

短鎖脂肪酸 役割 増やす サプリ 一番

人間の腸には、100兆個以上とも言われる細菌が棲んでいるようで、健康と深い関係性を持っていて、腸内細菌が群乗するのがフローラに例えられたことから、良く耳にする腸内フローラと呼ばれます。

 

この腸内フローラを良くするために言われるのが、悪玉菌を減らすということで、そのときカギになる成分が「短鎖脂肪酸」です。

 

では、この短鎖脂肪酸の役割とは、一体どういったものなのでしょうか。

 

短鎖脂肪酸は、脂肪酸の仲間で分子量が小さいものを指し、「酢酸」「プロピオン酸」などの脂肪酸のことを言うようです。

短鎖脂肪酸は、他の脂肪酸と違い、食物から摂るのでは無く腸内フローラから作り出されるという特徴があります。

大腸で作られた短鎖脂肪酸は、大腸で大部分が吸収され、人間の体のエネルギーになります。

 

それだけで無く、短鎖脂肪酸は大腸の組織を正常に保つ栄養源になったり、悪玉菌の増殖を弱酸性に大腸内をすることで防ぎ、腸内環境を整えたりする大事な役割を担っています。

 

くま代

また、「脂肪」という言葉が入っているだけで体に悪そうなイメージですが、短鎖脂肪酸はそんなことは全くなく、逆に腸内環境や全身の環境を整える役割で、人間の体に無くてはならない存在です。

 

短鎖脂肪酸で便秘解消?

短鎖脂肪酸 役割 増やす サプリ 一番

日本人の女性の大半がなっていると言われる便秘ですが、原因は様々あり「運動不足」「無理なダイエット」などが考えられます。

 

便秘は、不快感や病気の原因にもなりますので、そのために腸内環境を整えておく必要があります。

最近では、短鎖脂肪酸が便秘の解消に一役を担っていることが分かってきています。

 

では、短鎖脂肪酸は便秘解消のためにどのような働きをしているのでしょうか。

 

口から入った食べ物は、胃や小腸で消化されほとんど栄養分が吸収され、その吸収されなかった残骸が大腸で水分を吸収して便となり、その便が押し出されて排出される原理です。

 

「腸のぜん動運動」は、便を押し出す腸の動きのことを言い、短鎖脂肪酸はぜん動運動を活性化します。

 

腸内にビフィズス菌である善玉菌が増えると、ビフィズス菌を作り出す短鎖脂肪酸が増え、大腸を刺激してぜん動運動が活発になり、排便をスムーズにし、腸内で便が腐敗することを防ぎます。

 

また、便が大腸に長時間留まった場合、便の水分量が減ってしまいます。

そうすると、便が硬くなり排出しにくくなってしまいます。

 

にゃー子

このときも短鎖脂肪酸の出番で、腸管内に電解質と水分の放出を促し、便の水分量を増やしてくれます。

そうなることで、便秘の解消に繋がります。

 

短鎖脂肪酸を増やすには?

短鎖脂肪酸 役割 増やす サプリ 一番

ダイエットへの近道は、体内の短鎖脂肪酸を増やすことであり、それは同時に健康のサポートにも繋がります。

 

そういうことであれば、体内の短鎖脂肪酸を増やせば良いのではと思いますが、実は、短鎖脂肪酸を増やすには、各自のお腹の環境が良くないと生み出されないようです。

 

生み出す方法としては、乳酸菌やビフィズス菌などを含んだヨーグルトや乳製品を食べることで、オリゴ糖や食物繊維を発酵させることも方法の1つではあります!

短鎖脂肪酸を増やすにはヨーグルト?

短鎖脂肪酸 役割 増やす サプリ 一番

腸内フローラを改善するために一番簡単にできることは、善玉菌が好むヨーグルトなど発酵食品とオリゴ糖、食物繊維を摂取することです。

 

ヨーグルトにはさまざまな種類がありますが、どれを選んでも同じというわけではありません。

自分に合った菌が含まれていなければ、腸内フローラの改善には結びつきにくいのです。

 

そのため、最近では朝と夜とで異なる種類のヨーグルトを摂取することを勧める医師や専門家が増えています。

 

また、同じヨーグルトを摂取し続けて、2週間たっても体調が改善されなければ別のヨーグルトを試すべき、とする意見もあります。

 

いずれにせよ、便秘や下痢など便通の変化、便の臭い、肌の調子などがバロメーターだと考えられるので、判断するまでに時間がかかります。

 

ですが、これ以上手軽に短鎖脂肪酸を増やすために、サプリを使用することが良いのでは無いでしょうか。

 

なぜ、サプリが良いのでしょうか。

 

それは、食品で善玉菌を摂っても胃酸でほとんどが死滅するようで、腸内に届くのはほんのわずかなため非効率というわけです。

 

ですが、実行しないよりはした方が良いので、継続的にヨーグルトや乳製品を摂って短鎖脂肪酸を作ることは大事ですが、より効率的に工夫されているのが、サプリなのです。

 

ねこ助

サプリには、善玉菌が直接届く工夫が既にされているため、短鎖脂肪酸を体内で生み出しやすくなっていますし、腸内に善玉菌を増やさないことには先に進みませんので、まずはサプリを摂取することをおすすめします。

短鎖脂肪酸を簡単に取り入れるならこの方法!

腸内環境を整えるために必須となる短鎖脂肪酸。

今回はヨーグルトよりもサプリメントの方が効率よく短鎖脂肪酸が摂取できることを解説してきました!

 

短鎖脂肪酸は摂取しにくい成分となっており、食べ物から摂取する場合腸内に届く前に死滅してしまうことがほとんどとなっています。

 

そのため、腸内までしっかり短鎖脂肪酸を届けてくれるサプリメントのビセラ(BISERA)が腸内環境を整えるのに最適なのです♪

 

ビセラ(BISERA)は腸内環境を整えてくれると同時に1兆個を超えるダイエット菌が含まれているので、ダイエットも一緒にサポートしてくれます♪

 

サプリ1つで腸活もできてダイエットも出来るので、かなりオススメですよ!

まずは詳しく解説した記事がありますので、そちらを参考にしてみてくださいね♪

ビセラ(BISERA)は痩せない?口コミは嘘なのか徹底検証!

短鎖脂肪酸の役割とは?増やすにはサプリが一番?まとめ

短鎖脂肪酸 役割 増やす サプリ 一番

いかがでしたでしょうか?

短鎖脂肪酸の役割とは?増やすにはサプリが一番?ということについてまとめてみました。

 

ここがポイント!
  • 短鎖脂肪酸は、人間の体には必要不可欠!
  • 短鎖脂肪酸で、便秘解消!
  • 短鎖脂肪酸は、サプリで効率的に摂取!

 

短鎖脂肪酸の役割や増やし方について調べてみましたが、人間が生きていく上で無くてはならないと言っても過言ではない位、腸内環境や全身の環境を整えてくれることが分かりました。

 

また、それだけでなく女性には嬉しい便秘の解消にも役に立つようです。

便秘は、女性の大敵であり永遠の課題と言えるくらい悩まされている女性は多いのではないでしょうか。

 

これだけ優れた短鎖脂肪酸ですので、自分で継続的にヨーグルトや乳製品を意識的に摂取するなど、摂取出来ないことは無いですが、やはり限界があります。

 

そのようなときには、効率的に簡単に摂取出来るサプリを利用すると良いでしょう。

 

サプリも様々な種類が出ているので、自分でインターネットから調べるのも良いですし、知り合いに聞くのも良いですし、自分にあった最適なサプリを選ぶことが一番でしょう。

 

サプリメントで楽々腸内環境を整えることが出来るビセラはこちらから♪

ビセラ(BISERA)公式サイト

最後までご覧いただきありがとうございます!

さーみん
今回は記事最後までご覧いただき、ありがとうございます。


当サイトでは、今後もダイエットに関して役に立つ情報や新しいダイエット方法などを配信していきます♪


LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできますので、よろしければお友達登録よろしくお願いします!


また、今回の記事で分かりにくかったことや、ダイエットに関してお困りのことがございましたら、LINE@にてお気軽にご相談くださいね。


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください